TIPS

人事・労務コンテンツ

これからの人事労務体制に必要なこと

「オンライン経理労務がスタンダートな世の中に」をミッションに掲げるCASTER BIZ HRが業界初となる「人事労務業務のオンラインアウトソース」を実現してきた中で見えてきた人事労務や経理業務のような専門スキルが必要な部門こそオンライン化するメリットが大きい!といことを、様々な視点から伝えていきたいと思います。

目まぐるしく変化する「働き方」

2019年4月から一部施行された働き方改革。
その対応に追われたのもつかの間、翌2020年4月にはコロナによる、急な在宅勤務を余儀なくされ体制が整わない中で業務を遂行せざるを得ない状況に、大変な思いをした企業さんが続出しました。
幸い弊社は創業当初からすべての業務がオンライン化されていたため、コロナによる業務の滞りや運用変更は全く無く済んでいます。

弊社に問い合わせをくださった企業からは、このように、今までにない働き方を「急に」迫られると、就業規則の改定が追い付かない中で、最も大変だったのは「給与計算」「勤怠管理」といった労務の運用だと伺いました。

今後もこのような「不測の事態」に耐えながらも、経営拡大を実現したい企業にとって安定したバックオフィス業務基盤を作るにはどうしたらよいのでしょうか。

今回は、バックオフィスの中でも人にかかわる「労務」について対策を考えてみたいと思います。

今企業に求められていることとは

「人事労務体制の再構築」

「労務」のメイン業務は「給与計算」ですが、その始まりは「勤怠記録」からです。
勤怠の記録をどのように取得するかで、給与計算にかかる工数や日数が左右されます。

さらに、その勤怠記録は実態に沿い、かつ労基法を網羅した結果が出せるようでなければならないものです。
その結果が就業規則や労基法に沿ったものでない場合には、一人ずつ状況を確認し、修正しなければなりません。

クラウド型勤怠ソフトを導入することで、職種にあった勤務設定ができ、自動的に抜け漏れアラートを出してくれるのはありがたいですよね。

しかし、自社の働き方がソフトで対応しきれない場合には、担当者による手作業が依然として残ります。
 
「せっかくクラウドソフトを導入したのに、楽になる要素がない」
実は、クラウドソフトを導入しても効果的に使えていない企業さんは、意外にも多いのです。

クラウドソフトは効率的な「方法」を提供してくれるものの、業務自体の効率化は各企業でやらなくてはならないんです。

どういうことかというと
効率的な方法で業務を行うには、今の業務を効率的な手順にするべきで、非効率な作業や不要な業務は削り取っていくといった、新しい人事労務体制の再構築が必要なんです。

せっかくクラウドソフトを導入するなら、この機会にアナログだったやり方をデジタル化へ
見えなかった業務フローをみえる化するなど、体制の再構築の機会ととらえてみてはいかがですか。

人事労務領域にプロの目を!

新しい人事労務体制の再構築に当たっては、クラウド型ソフトの導入は必要不可欠です。
自社に合ったソフトの選定には、綿密なゴールの設定とマイルストーンの整理が必要不可欠です。
 
システムを導入する過程で、人事労務部門が抱える課題も一緒に解決できるのは
これまで多くのシステム移行や、その後の新しい運用設計までお手伝いしてきた実績のあるCASTER BIZ HRにお任せください!